About EHEDG

EHEDGへようこそ

欧州衛生工学・設計グループ(EHEDG)は、1989年に機械・装置製造業者、食品生産業者、食品産業への原料供給業者、研究機関や大学、公衆衛生機関や政府機関の非営利コンソーシアムとして設立されました。

EHEDGの基本的な目的は、食品製造のあらゆる面での衛生工学及び設計を改善することによって安全な食品を普及させることにあります。

EHEDG は食品衛生指令、機械指令、食品接触材料に関する指令(EC機械指令2006/42/EC、EN1672-2及びEN ISO14159機械設計の衛生要求事項参照)に基づく、食品の取扱い、調理加工、及び包装に衛生的な機械の使用及び衛生的な施設での生産を行うことを求めた欧州の法制を積極的に支持します。

機器装置メーカと使用者にはこれらの要件を満たす責任があり、またEHEDGは国内及び国際的な法規に準拠した基本的な衛生設計基準とガイドラインを提供します。

EHEDGの役割の定義は、次の通りです。

「EHEDGは、食品の衛生工学と設計に関する専門機関としてのアドバイスを提供し、以て安全な食品製造に寄与する」